急坂の夢

久しぶりの夢です。
ある程度のストーリーがありましたが、前後は忘れました。
車であるところまで着ました。あるところに差し掛かりました。先には坂があります。その坂は崖のような険しさでほぽ垂直に近いものすごい坂です。しかし、その非常に急な坂...角度がなんと75度ぐらいある坂をいろんな車が登っていきます。
どうやらこの先に進むにはその坂を上らねばなりません。
しかし...あまりにも急坂!しかし、勇敢なつわものぞろいなのか、思い切ってものすごい勢いで駈け上る車がつぎつぎと上へと行きます。
-続くべきだろう。しかし...途中でこけたら後続車まで事故らしてしまう。-
見ていると、なんと自分の手で車を持ち上げ上まで行く人がいます。
-これだ!これなら安心だ。-
私も自分の車を両手で持ち上げ上までよじのぼります。
-結構軽々だぞ-
最後まで登り切り、車を放り投げ、そのまま車に乗り、ドライブ続行です。
途中で昔仕事で同じ仲間だった人が出てきます。
なんとなく、その人は私のやることに否定的です。しかし、この人はこうなのだ。と私はわかっています。
とにかく私は進んでいます。

以上の夢でした。

[PR]
# by kumatoguanaco | 2017-06-17 17:22 | | Comments(0)

白い服の私の夢

夢です。白い服の私がたくさんいます。とはいっても私とは全く違う顔、スタイルの人がいっぱいです。黒人もイスラムの人も大きな人、小さな人、子ども、老人...全て私です。外見は違いますがこれらの人びとはすべて私です。その人たちが一列になって私の中に入ってきます。
違和感はありません。
もともと全部私なのです。
それが全て白い衣を着ている!そんな夢でした。

[PR]
# by kumatoguanaco | 2017-05-14 22:30 | | Comments(0)

夢二つ

夢を見ました。ひとつは、母と旦那と自分と洪水で流されるのですが、母だけ死んであとだんなと私は生きているという夢です。母は死んでいるので死んだ夢でもそうそうたいしたことはありません。

もう一つは、大きな八トントラックが来てごみを運んでくれると言います。
夜明け前後の草原をつき走る道路に停まっています。広い大地にトラック一台です。すでにだいぶゴミ、不用品は出してしまっています。出すものは少しだけでトラックはスカスカです。そこで業者が私の実家の不用品も引き取ってくれると言います。
-ありがたい-
もっていってもらおうと思いますが、もう代替わりした実家のごみまで運んでもらうだなんて...いろんな事情も考えると持って行ってもらいたいがどうしようと考えたりして、夢は終了です。

[PR]
# by kumatoguanaco | 2017-05-12 13:22 | | Comments(0)

本を約100冊ブックオフに売りました。
a0334855_16310187.jpg

売価のつかなかったものは捨てました。
全部で1000円少し...一冊10円ぐらい?早々お金になりませんが、空間は空きます。
以前のごみ1トンと前回のごみと合わせてプラス1袋捨てました。とりあえずの目標2トンまで あと20袋です。

[PR]
# by kumatoguanaco | 2017-05-08 13:22 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)

捨てています。

世間の断しゃり本は三日でできるとか、一週間でできるとか言ってますが、できるのかなぁ?
私がものを捨て始めてのはもう15年くらい前からで、布団二組とか、洋服ダンスとか、結構大きいものも捨てていますが、三日とか一週間でできるもなのなら、たぶん世の断しゃり本は売れてないと思います。すぐに完遂してしまう人ばかりだったらもう断シャリも特別なこととして本などずっと売れてないと思います。断しゃり本が本棚の中でほこりにまみれている人も多いのではないでしょうか?どれだけの人がどれくらいのものを捨てているのか?急に思い立っただけではたぶん、物置半分もできず終わって良しとなるのではと思います。

一戸建てをひとりでの不用品のかたずけはあまりにも敵が大きく、多すぎるのです。その処分に一か月だって夢のような話に思えます。
ゴミを取り出す。仕分ける、出すと書けばこれだけですが、大きなもの、特殊なものは業者に連絡して持って行ってもらわねばなりません。家具を自分で破壊するのも、のこぎりなどを用意し、自分で小さくする手間がいります。それまでに作業できる場所に運ぶてまももちろんあります。

いろんな技術を本では紹介していますが、私からすると
コツは、-ネバーギブアップ-です。
親の家を2軒、へとへとになって断しゃりした経験から、-子供にはあんな思いをさせないぞ!-との強い気持ちが飽きやすく根気のない自分をもう何年も奮い立たせているのだと思います。

しかし、ずっと捨てていると服に対する考え、気持ちが変化してきますね。
テキトーに着て、ちょっとでもぼろくなったり着にくくなったりしたら簡単に捨てる!こんな気持ちになってきました。今まではぼろくなってもずっと着てましたが、今年は去年おろしたばかりのセーターを捨てました。猫に引っ掻かれ毛玉だらけ、おまけに衿の部分もほつれてきてたので、一年たたないとはいえ捨ててもいいのですが、昔の私だったら繕って着ていたと思います。しかし、この頃はあっさりと捨てています。なんにしろ、着る可能性のないものは捨てる!あっさりと思うようになりました


そしてものをずっと捨てているせいか、前よりも去年、去年よりも今年...空間が広くなっています。

まだまだ続けますよ。が...アルバムは捨てません。←訳はのちほどね!

今回は服をごみ袋一杯、本を30冊程度捨てました。

以前のごみ1トンと前回のごみと合わせてプラス1袋捨てました。とりあえずの目標2トンまで あと21袋です。

[PR]
# by kumatoguanaco | 2017-04-24 16:57 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)