ミディアムシップワーク2015/8月

久々にミディアムシップワークに参加しました。

今回は私の関連の霊は現れず、何も言ってもらえませんでした...が、実は現れたのです。

今回、ミディアムシップの実習で最後でした。私はそうそう神戸まで来られないので今回はうまくいくかどうか少し不安でしたが、みんなの前に立つやいなやすぐに現れました。
 木 そして日本家屋、立派です。木と家を腕組みして見渡すだれか...
木は すぐにあれ、あの木 我が家にある木だと思いました。その時は木の名前を思い出せず木としか言えませんでしたが、
あれは 柘植でした。
 木と 家、それを眺める職人。顔にほくろのようなあざのようなしみのようなものがある人。

これは...あれだ。 あの人みたいな人

そう、バカボンパパなのだ。
a0334855_19010672.jpg
出てきた人は植木やさんか、庭師さん、大工さんかなぁ。

すぐに大きな立派な家を眺めている姿、肩になにか道具箱を持っている姿が浮かびました。大きな日本家屋と立派な家で大工さんかなぁと思ったのですが、その場にいる人たちは全く心当たりがないようで、空振りに終わってしまいました。

しかし...実習の後、思い出したのです。あの、柘植? もしかして?もしかしてなくてもわかったぞ!
あの柘植はうちの柘植だぞ。

そして、あの顔のしみのようなあざのようなしるし...

うちの庭の手入れを頼んでいた●さんじゃん!
自分でミディアムとお客さんと両方やっていた!

後、先生にうかがうと、先生も-この職人さんは私の関連の人だろう-と思っていたらしいです。そして、まれにミディアムに関連の霊が来られることがあるそうです。
そして、家に帰り、自分がミディアムのとき、頬にほくろのようなあざのような人が出てきたと言ったとたん、家族に-それは●さん-と言われてしまったのです。
家族は反射的に●さんをだと思ったらしいてすが、直接会ってもなく、顔の特徴も知りません、しかし、●さんと反射的に答えたのです。

これは●さんに違いない。

帰ってから●さんに意識を合わし、なにかアドバイスを聞いたところ、○○○...ということのような気がしました。この地域は人々が結構うるさく、親玉ににらまれるととんでもないことになってしまいます。もう十分にらまれている私です。●●●...気をつけねばならないな!と思いました。





[PR]
Commented by りんりん at 2015-09-08 10:43 x
バカボンパパの正体が分かって良かったですね
☆〜(ゝ。∂)
Commented by kumatoguanaco at 2015-09-08 20:22
なんと今日はエレクトーン運び出しの邪魔にならないように、その柘植を少し刈り込みました。気付かなかったですが、むちゃくちゃ伸びてました。
●さん、これでは気になって当たり前だと思いましたよ。
by kumatoguanaco | 2015-09-06 19:20 | スピリチュアルの学び-2015- | Comments(2)