急坂の夢

久しぶりの夢です。
ある程度のストーリーがありましたが、前後は忘れました。
車であるところまで着ました。あるところに差し掛かりました。先には坂があります。その坂は崖のような険しさでほぽ垂直に近いものすごい坂です。しかし、その非常に急な坂...角度がなんと75度ぐらいある坂をいろんな車が登っていきます。
どうやらこの先に進むにはその坂を上らねばなりません。
しかし...あまりにも急坂!しかし、勇敢なつわものぞろいなのか、思い切ってものすごい勢いで駈け上る車がつぎつぎと上へと行きます。
-続くべきだろう。しかし...途中でこけたら後続車まで事故らしてしまう。-
見ていると、なんと自分の手で車を持ち上げ上まで行く人がいます。
-これだ!これなら安心だ。-
私も自分の車を両手で持ち上げ上までよじのぼります。
-結構軽々だぞ-
最後まで登り切り、車を放り投げ、そのまま車に乗り、ドライブ続行です。
途中で昔仕事で同じ仲間だった人が出てきます。
なんとなく、その人は私のやることに否定的です。しかし、この人はこうなのだ。と私はわかっています。
とにかく私は進んでいます。

以上の夢でした。

[PR]

by kumatoguanaco | 2017-06-17 17:22 | | Comments(0)  

<< 9/6名古屋アクアワークのお知らせ 白い服の私の夢 >>