カテゴリ:身辺雑多2016( 7 )

 

久しぶりに眠れました

この頃眠れませんでした。

実はとうとう大がかりなリフォームに取り掛かっていて、その進行状態、とびだしてくる問題に対応したり...気を休めることもできませんでした。安さで選んだ業者ということもあり、-あれ、ここって違うんじゃない?-なんていうことが多く、そのうえ外注工事の水道関係も超いい加減で仕事前や終わった後それを見つけ連絡したりして...本当、夜も気が高ぶって眠れません。

そんなこんなが続き、来客もあり疲れマックスとなったのか昼ネコと寝てごろごろし、夜は久しぶりに深く8時間眠れました。

楽です。やっぱり睡眠はいいですね。今日は体調もよいです。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-12-06 11:46 | 身辺雑多2016 | Comments(0)  

分岐点

トランプさんが当選し、当惑と驚きが世界中に広がりました。

トランプもヒラリーも所詮一般人にとってはあまりよろしくない手の人間ですから、どちらにしても庶民の生活はこれからバラ色とも言えないだろうと察しはつきます。

しかし...変化の時にはちがいありません。なにか、根本的に変化が起きている...こんな庶民のはしっこの私の生活もこの夏あたりから、いや早春から激動、変化に見舞われています。

最初は病気、その他でただ対応するのにやっとの状況でしたが、だんだんまわりの人、環境、職...すべてで自分の思ったように回っているのです。最近は外回りのリフォームをし始め、ずっと自分の思っていたように敷地が整えられていくのを見ると考え深いものがあります。そしてもっとはやくやればよかったとも...
外回りのリフォーム、最近飼いだした猫、職の内容、考えると実現不可能とも思えたことでしたが、なんとすべてこの秋に現実化し、よい実りの秋を迎えています。

やりたいこと、会いたい人、しごと...思いっきり遠慮せず自分の理想を描いた方がよさそうです。そして、いやな環境、あまりよくない人間関係...自分にとって楽しくないものは終わらせ、別れる時期となっているようです。

みなさんも我慢や、あきらめはやめ、楽しいことは実現すると単純に思われると今の時期がそれを後押ししますよ。
GOOD LUCK

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-11-22 16:10 | 身辺雑多2016 | Comments(0)  

願望実現なのか-猫-

夏の終わり、8月末に突然我が家の一員となったこいつ
a0334855_10243931.jpg
猫です。自力排泄もできないまだ小さい赤ちゃん猫でしたが、ミルク、離乳食と進み今の体重は1.5キロ。家の中を歩きまわって、いたずらしまくりです。

猫が飼えるとは現実的には思ってませんでした。動物嫌いの家族がいるし、近所から鳴き声やフンの苦情が来たら困るし、なによりも猫のフンの始末とか匂いとか...飼ってなでなでするのはよいですが、実際の世話の大変さを考えるととても無理。それに、お金を出して買うなんて絶対に×だし...ということであきらめていました。

でも、心の隅で思っていたのです。
-ただの猫で、偶然どこかに落ちているのを発見する。子猫でそのままにしておくと生命の危険がある状態。だれかが保健所に持って行って始末すると言っていてそのまま見捨てるわけにはいかない状況なら動物を飼いたくない家族も納得するかもしれない。そして猫の柄は縞猫で、黒と白の縞がいいな。-

なんて思っていたのですが...
 
なんと、赤ん坊猫を知り合いの知りあいが拾い、処分せざるをえないが、だれか引き取り手はいないかという知らせが来ました。

うーん...迷いましたよ。家族は動物嫌いだし...いろいろと迷いましたが、飼えなかったらだれか知り合いで飼ってくれる人を探しまくろうと決心しました。

300グラムの子猫...緊急避難的に連れてきた、と動物嫌いの家族に事後承諾で既に我が家入りしていた猫を見せたところ、これが意外にも-猫処分なんてとんでもない。かわいそう-といった雰囲気が...
そのまま、動物嫌いの家族も猫のおもちゃやグッズを手作りしてくれるほどになり現在に至ったのです。

現実的にうちの状況は猫を飼えるような雰囲気はなく、全く無理だったのですが、トントントンとことは進み、ねこのいる家となっています。そして思い出してみると、ただの願望だった-子猫から飼いたい。模様は黒白のサバトラ、どこかに偶然落ちていた猫でそんなに弱っていない猫-その条件をすべて満たしているのです。

おまけに動物嫌いの家族が猫グッズまでつくるほど可愛がってくれるとは!願望以上の現実です。引き取るときは引き取ったはいいが家族が×と言って、だれも引き取り手がいなかったらどうしよう!心配で何日も眠れなかったりしましたが、ネコ好きを紹介してくれる人もいたし、なんとか家の中で飼えることができたし...すべてはうまくおさまり万々歳となりました。

猫との生活、満喫しています。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-11-04 10:16 | 身辺雑多2016 | Comments(2)  

過去の悪行

寝る前やふいに過去のことを思い出します。

この5月、6月、7月は昔の悪行というか、そうたいしたことをしてなかった昔のことや、思い出すと反省しかないい所業。はたまた思い出したくないくらいの過去の生きざまなど...

あんまり胸を張って威張れるような自分ではまったくありません。そんな姿をよく思い出すのです。

過去は塗り替えられません。情けない自分をよく見て-まぁそんなもんだった-と思うしかないです。いまさらきらびやかな立派な姿はあこがれもしないですが、そのかわり、いやな人、腹が立つほどの自己中の人がいても-人間だしそういうこともあろう-と流せるような気もします。

しかし、過去の-いけない自分-をまざまざと思い出すのは辛いですね。



[PR]

by kumatoguanaco | 2016-07-26 20:47 | 身辺雑多2016 | Comments(0)  

梅雨明け

梅雨明けしました。
夏休みに突入したせいかどこへ行ってもお子様が走り回り、おちおち買い物もしてられません。
お店はそうそうゆっくりしてられませんが、電車、地下鉄は学生さんがいなくなって空くかなぁと期待しています。

この6月7月は
① 8畳の部屋の天井のペンキ塗り
② 壁紙貼り
③ 梅干の仕込み
④ 酵素ジュースの仕込み
⑤ 道中着2枚の製作-途中-
⑥ ペンキ塗り、壁紙貼りに伴う、家具の移動と本の整理、ごみの排出
⑦ 工芸の製作
以上と家族の突然の病気やなんやかやとバイト、それとは別の◎◎のボランティアで疲れがたまりすぎ、かえって寝られなくなったりしました。

今年の冬もそうでしたが、あまりにも肉体的に疲れると寝たいと思っても目が冴えて全く寝られなくなるのです。
交感神経が活発化しすぎて、それが収まらなくなるのでしょうか?寝られないのに次の日もずっと動き回るというのは結構つらいものです。

が、この肉体疲労にともなう不眠は1.2日で収まりそのあと眠れるようになるのでよいですが、この不眠で心がけていることは
いくら眠れなくても起きて本を読んだり、パソコンを見たりするのは絶対にやめて、ずっと目をつぶり布団の中に居続けるということです。
わたしがこの手の不眠になり、最初やっていたのは-起きてなにかする-ということでした。眠れないならその間なにかすればいいとおもいますが、それをすると次の日体がほんとうに重く辛くなります。そこであるときから、いくら目が冴えていても布団の中で目をつぶり過ごすということをやり、次の日の疲労感を起きて何かやったときと比べてみたのです。
すると! いくら眠れなくても布団の中に居続けるのと起きて活動するのとは全く次の日の体の疲れが違うということが分かったのです。

布団の中でだんなのいびきを聞きつづけ、くらやみが少し明るくなる前頃新聞屋さんのバイクの音が聞こえてくる...そんな頭は起きている状態でも布団の中にずっといると少しは疲れは取れているようで起きてしまった日より明らかに翌日が過ごしやすいのです。

むちゃくちゃに動きすぎたりしなければよいだけのことなのですが、不幸にも不眠の夜を過ごさなければならないときは、そのまま布団の中にいることをお勧めします。いびきもBGMとするしかないでしょう。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-07-18 20:10 | 身辺雑多2016 | Comments(0)  

褒められる

この何か月か、◎◎の人間に嫌気がさすことがあり、鬱々とした気分でいたところ...

知らないご婦人に
-あなたの靴、いいわねぇ。-
-えっ-
-すてき! とてもいいわ。◎の○○ -褒め言葉続く...
◎◎でもひとを褒める人がいるんだ!と少し心がふんわかして何日か後、

病院でまたも見知らぬご婦人に
-トイレはどこ-と聞かれ、近くまで行って-そこですよ-と言って案内しました。
そうしたらご婦人が用をすまされ、丁寧に私のところまで戻ってきて

-ありがとう-の連発です。

人にいやになったりした後、このように連発でそうそう人もすてたものではないと、思わせられることがあるのも偶然ではないのかもしれません。

おばあさんたちありがとう!私には天使のように感じましたよ。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-05-15 15:34 | 身辺雑多2016 | Comments(0)  

中高年バイトは!

この頃、いろんなバイトをしています。
バイトをして思ったのですが、中高年となると登録までであとは門前払いまたは、過酷な仕事というのが多いようです。
近年は男女平等とか、年齢差別しないとかいかにも差別がなさそうなことを言っているせいか、-中高年はいらん-とはいいません。が...登録だけ来させておいて-応募が殺到したため、打ち切りました-なんて言って断ることはよくあります。これは映画の名前と同じR社でした。

打ち切りましたと言いながら、なおも募集をかけているというのはざらです。

友人があるところに電話をかけて採用先に-きてください-と言われた後、50歳ですが...と言ったら、受話器の向こうで慌てふためき、しばらくたって-今は募集おわりました-とかなんとか...

60代の友人は、採用されたのはよいけれど県の最低賃金で交通費もなし、しかしやることが余りにも多くあまりの激務に根をあげていました。

バイト程度なのでまだ生活には響かないとしても、中高年になって正規雇用の人が失職などしたら、再雇用の道はいかに厳しいか!大変な世です。


[PR]

by kumatoguanaco | 2016-05-14 13:51 | 身辺雑多2016 | Comments(0)