<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

寝入りばなの瞑想

誘導瞑想で-ガイドに訊ねる-ということをしてみました。

内容は私的なことです。

これは瞑想で出てきたことを忘れないための忘備録のようなもので、本人以外にはそうそう面白いものではないかもしれません。

浮かんできたイメージです。
瞑想でよく金のシャワーを浴びるというのがあります。これをするつもりが、金にならず、透明な水でした。

その続きか?
まずは、雨です。雨が降っており、そこに傘をさしている舞妓さん。これは自分のようです。結構な時間降っていて、やんだので傘は開いたままぽいと捨ててしまいました。

その後、なにやら奇怪で、おどろおどろしい感じのなにものかがうごめくところ...昔の妖怪絵図のような地獄絵図のような感じです。すぐにメモを取ってなかったので大半は忘れてしまいました。

ただしきりに、◎◎◎オさんが大丈夫だと言っているような!気がしました。

自分でもよくわかりませんが、気がかりなことも雨がやむように立ち消えるかもと思います。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-02-27 17:27 | スピリチュアル-2015- | Comments(0)  

桜のお茶会&瞑想会

4/6水曜日 1時より 桜のお茶会&瞑想会を開催します
北名古屋、小牧近辺にて開催
参加費1,000円
紅茶か中国茶とケーキをご用意しています。
桜の名所ですので桜をめでつつ、瞑想会もいたします。
こもれびやまにて募集中

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-02-26 17:42 | お知らせ | Comments(0)  

暗い感じ、古い感じ、匂い...霊の気配

先日知り合いが、ある場所で何かの匂いを感じました。
その前になんとなくどきどきしたり、落ち着かない感覚も訴えていました。

その時私はといえばなんとなく、ゆったりしてない感じがありました。本当にわずかだけです。いつもより、ちよっとだけ気が散っているような変な感覚でした。

そこは前、-何者かがいた-とみんなが言っていたような強烈な感覚があったわけでもありません。前、霊がいたと思われていた場所はとにかく-窓にくっついたように明るいところに移動したい-と私でも思うほどでしたが、今回はそんなことはありません。

しかし...いつも思うのですが、そこの場所はなんとなく暗めでじわっとしている感じがありました。古いせいかと思っていたのですが、すすんでそこを使いたいということは思わない場所です。
うーん!...これは、古いだけでなく、霊がいる。大した霊ではないが何者かがいてなにかその部屋を使う人に影響を及ぼしているかもしれないなぁと思います。

この感覚、気にしなければ通り過ぎてしまう感じのものでそうたいしたものではありません。

しかし、いろんな場所に行ったとき、なにかわずかでも感じることがあったら、この感覚を思い出し、ちょっとだけ考えてみたいと思います。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-02-24 12:19 | スピリチュアル-2015- | Comments(0)  

名古屋アクアワーク-生きがい- 瞑想の海

2/17のアクアワークでは瞑想で海が出てきました。
海と言えばこのごろ寝入りばなでも出てくるのです。

ざぁーと広がる海岸線、その波打ち際にフォーカスしていくと、非常にリアルな波の下に透けて見える海岸の小石、砂...あまりにもはっきりとした映像です。で、なにか意味があるかといえばなにもあるわけでもない、と思っていたのですが、
アクア講師によるとこの海はあの世とこの世、三次元と高次元の間をつなぐ架け橋のようなものでは?とのことです。

あぁ...それでわかりました。瞑想のはじめ、または寝入りばな...意識が通常から多次元へとつながるとき、海がでてくるのでしょう。

瞑想で、あの世とこの世、高次元と三次元
その海をわたるのです。


[PR]

by kumatoguanaco | 2016-02-22 16:41 | スピリチュアルの学び-2015- | Comments(0)  

名古屋アクアワーク-生きがい-

名古屋アクアワークが終了しました。
今回は-生きがい-ということでした。

普段は生きがいもくそもなく、漫然と生きいてます。そこで、あなたの生きがい?人生は?といわれると、-ハテ?-と考え込んでしまいます。全く気楽な凡人はいけません。そうそう大志もなく、なにを考えているかといえば明日のおかずとか、バイト先で老人に臭い屁をかけられませんようにとか...全く俗人そのものです。

ワークで
人生は?今までの人生についてどう思うか?などと最後に書く時間があり、
いい人生だったと思うと書きましたが、あとふと思い出したことがあります。

いい人生だったと思う、が、スリリングで大きな危険もあったわ!それもわざと危険と知りながらその中に足を踏み入れるような大馬鹿なことを何度もやっていたと思い出しました。
賢明でなくても普通なら絶対にしないような危険に自ら踏み込むようなことがあっても、なんとかやってきて、無事にいま生きているということはよく考えたら奇跡に近いかもしれません。

-今までそう感じてなかったけれど、ガイドの助けが結構あったのでは?-私の自分の人生を振り返っての感想です。



[PR]

by kumatoguanaco | 2016-02-19 20:45 | スピリチュアルの学び-2015- | Comments(0)  

自分の見た夢ではありません。家族がもう亡くなった私の父の夢を見ました。

オレンジ色のベストを着て元気に絵を見て回っていたそうです。コメントもいろいろ言っていたそうで、この頃、美術館でバイトしている私を見ていいるのか、と思えるほどの家族の-夢-でした。
美術館で仕事をしながらたまに、お父さんも見てるだろうなぁと思っていましたが、絵の好きな父もいつも一緒にいて絵を見て回っているのかもしれません。

[PR]

by kumatoguanaco | 2016-02-04 20:55 | 身辺雑多-2015- | Comments(0)