初夏の四国の山を何日も歩いたことがあります。種田山頭火の有名な句。-分け入っても分け入っても青い山-晴れていても白くかすむ山々の青、頭上の柔らかな黄緑の若葉...木陰までが緑に溶けているかのような、歩いても歩いても山ばかり。そんな旅のロマンとはまるで違いますが、途切れがないのか不用品の山...捨てても捨てても出てきます。

昔は根気がまるでなく、こんな長年にわたる不用品排出なぞは私にとっては非常に高き山でしたが、不思議にも続いています。

使いやすい暮らがしたい。すっきとストレスを感じない暮らしをしたい、そんな思い、願いが原動力となり、ごみ排出、断しゃりを継続させているのかもしれません。春になり少しはヒマになったのでまたも出しています。

木の三段のボックス、子供の学習棚、使えるけど気に入らなかったりサイズが使いづらい食器、ぬいぐるみ4個ほどその他もろもろで袋約6袋捨てました。今はアルバムを整理し、場所を移動してます。

以前のごみ1トンと前回のごみと合わせてプラス6袋捨てました。とりあえずの目標2トンまで あと23袋です。
a0334855_20482606.jpg

[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-31 12:07 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)

このごろは整頓、断しゃりで暮れています。
今後の計画としては、
二階の二部屋の
① ソファーベッド
② 本棚1
③ 棚-小-2
④ スチール棚-大-1
⑤ ビデオ棚1
⑥ 卓球ゲーム台
以上の家具を捨てます。

また、二階の吹き抜けの
① 本棚1
も捨てます。

階下の使わなくなった
籐の座椅子3
電子ピアノ

も捨てます。

これに伴い、家族の大量の書類も捨ててもらいます。
本も厳選したもの以外は捨てます。

このごろは欲も見栄もぐんと少なくなったので、モノがなくても困りません。反対にあるから身動きが取れず困るのです。
何かをやるにしても本当に必要なものはそれほど数多くいらないのではないでしょうか?漢検準一級でも2冊、問題集があれば足りたのです。もっていると安心するような気がするから、本や書類や問題集も多くなるのかもしれません。しかし、私の経験からするとたくさんもっていてもそうそう学力は上がらないし、少ない問題集、教科書を完璧目指してやった方が力がついたと思います。

なんにしても、いまのままでは快適な暮らしはおろか、効率よい暮らしはできません。

二階をどのように使うか?と考えると、
①パソコン作業
②家族の体の手入れなど-マッサージベットで作業-
③睡眠
④お茶を飲んだり、本を見たりしてゆったりと過ごす。
こんなところです。

必要なものは
①パソコン
②パソコン机、いす
③マッサージベッド
④布団
⑤本棚

あとは、お茶道具を入れる棚、テーブル、いす、小さいもの入れ ぐらいです。

空間を広げ、もう少し動きやすい家を目指します。




[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-30 20:57 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)

高校に行く夢

この夢は以前にも同じようなものを見たことがあります。

自分の卒業した高校だったり、近くの高校になぜか行くことになっています。授業にいくのですが、少し遅刻してます。で兄が(なぜか青菜炒めを食べている)車で送ってくれると言ってくれて、待っています。
この夢を見ながら-自分はもう卒業したのになぜまた高校に行かなくてはいけないのか?-あんまり乗り気ではない様子です。この歳でセーラー服?とも思ったりして!

勉強はもうたくさんです。しかし、高校にもう一度行く夢は何度か見ています。



[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-28 20:45 | | Comments(0)


捨て始めています。
疲れます。が...モノに囲まれていると不自由極まりありません。なにをやるにも何かをどかしてから始める...そうじもしかり。仕事の進みが亀歩きです。
去年このブログにのせたものだけで1トンは捨て、実は年末に外構工事をしたため、外にあった不用品-でも少しだけ必要品があったが業者が間違えて捨ててしまったのを除く-だけでたぶん0.5トンくらいは軽く行き、実際は2トン弱は捨てていると思います。
でも、まだまだ一杯モノはあるのです。いやになりますが、ここでくじけてはいけないんだ。がんばれじぶん♪と気弱な心に鞭打ちものを捨てています。でも、この気弱さが足を阻むのです。
ぷーさんのぬいぐるみ、犬のリュック...
お-願いだから、私を捨てないで!ご主人様-
捨てるつもりで先週ゴミ袋に入れたのですが、心優しい私にぬいぐるみがすがってくるのでまたも元の位置に戻してしまいました。

これではいかんのはわかっているのですが、なかなか...難しいものです。しょうがないから、まずは台所のワゴン、和室の籐のテーブル、  事務椅子を捨てました。
a0334855_20291129.jpg

捨てたら不自由ということも全くなく普通に暮らしています。テーブルも椅子もありすぎかもしれません。
これでごみ袋に換算したら5袋くらいでしょうか?
以前のごみ1トンと前回のごみと合わせてプラス5袋捨てました。とりあえずの目標2トンまで あと29袋です。


[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-23 17:09 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)

バイトが一段落し、また捨てています。が...ありふれるモノで立ち往生しているくせにいざ捨てようとすると捨てられません。
まだあんまり使ってなかった。まだ新品同様。少しは使っている...でもあまり好きではないが!そんなことが頭の中を巡りなかなか捨てられません。

そんな-物捨て-の困難さを家族に語っていたら

『また買えばいいじゃん』えっあっ....また買えばよい!そうなのです。買えばいいのだ。

また、買えばよいと思えばこれが面白いように捨てられます。
すてよう。いらん。また買えばよい。

捨てますよ。

[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-21 17:04 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)

スピ合宿を無事終わり、名古屋駅までみなさんと講師のアンジュリカさんを送る道すがら...あれはあと数分で名古屋高速に入る時でした。

アンジュリカさんが-るんるうんさん、南米へ行っていたときの知り合い、どなたかが来てるよ-と言います。
-南米へ行って亡くなっている方いるよね。-
-うん、いるよ-
と言いながら、あのひと、仲の良かったTさんに違いないと私は思い、聞きつづけます。
-中肉中背-うん。
-大柄ではない-うんうん。
Tさんだろう。なにかな?なにか言ってくれるのかな?そうこうする間にも車はするすると高速を進んでいます。
眼鏡をかけていて、男の人。
えっ男の人?私の外国で亡くした友は女だったのだが....えっ....?

男なんておら.....んと言いかけた途中

あっ!
アンジュリカさんは-スラックスをはいている-と言います。

もう一度あっ!-思い出したよ!中肉中背、スラックス。ジーパンなんかはかない人。-ようやく思い出したのです。南米に行った仲間で亡くなったのは二人だったこと。私はそのうちの一人の女の人のことばかり思っていて男の人のことはすっかり忘れていたのですが。

おった。おった。あっあのひとは...
アンジュリカさんが-木、植物、木がつくひとでないか-と言いますが、なんと薄情な私でしょう。そのMさんのことは、
いたということも忘れており、ようやく思い出しても名前も忘れています。

-うん。木がついたような気がするが、わからん。うーんうーん。-ま-や-行がついた気もするし、木でなかったような気もする-といったありさまで名前もすっかり忘れていたのです。
アンジュリカさんが、-Мと木さんとか-言います。
◎と木さん? あっあ------М木さんだよ。

出てきたのはМ木さんでした。アンジュリカさんの言っていた-Мと木-の-と-を取ったらそのままぴったしの大正解でした。車の中で急にアンジュリカさんのところに出てきたМ木さん...名前も忘れ果てていたけど、非常に正確なリーディングで忘れていた名前まで思い出したというか、ほぼむこうから名乗ってもらったのです。

М木さん、私に伝えたいことがあるそうで、-道半ばのことがある。時間はあっというまにすぎる。やりのこしたことをすぐにやれ!-と言った内容のことでした。そして、忘れないでいてくれてありがとうと言うことでした。←実はほとんど忘れてましたがすいません。М木さん!

私は実はまだまだと思っていることがあり、ある試験を受け、◎◎してもいいなぁと思っているのです。そのことかもしれませんし、違うことかもしれませんが、そのことについて苦手意識があり、一抹の自信のなさがあります。そこでその場で-あんまり得意でないのだが-なんて話をしだしたら霊は-やれる-と言っているとのことでした。

非常に優秀で人格者で高学歴であまりにも‐出木杉君-のところがなんとなく私には縁のない人(ちょこっと好かん)と思い、霊となりメッセージを携えて降りてきてくれるとは意外すぎる人でした。しかし、アンジュリカさんから彼は本当はコミュニケーションが不得意だったとか聞くにつれ、その違和感はなくなりました。昔私が勝手に抱いていたイメージはもっと近づきがたいひとでしたが、それは私の思い込みと本人の社交べたなところがかみあってできたイメージだったのかもしれません。今回のМ木さんが本当のМ木さんなのでしょう。

高速を名古屋駅へといそぐ間、そのメッセージは続き、アンジュリカさんをおろす少し前になり終了となりました。
名前もほぼ正確で姿かたちもそのままを言い当てたアンジュリカさん、ありかとうございます。
忘れていたМ木さんのことを思い出し、おまけに彼が-できる-と肩を押してくれていると伝えてくれました。

やはり、秋には試験を受けたいと思います。この頃はバイトばかりで時間がなく断念してましたが、時間を取り勉強し試験を通過したいと思っています。

それにしてもほぼ正確にМ木さんの名前を言い当てたアンジュリカさん...さすがです。




[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-15 20:37 | スピリチュアル2017 | Comments(0)

神戸よりアクア師をお招きし、スピリチュアルワークを開催します。
今回はオーラグラフです。

セッションも募集中

詳しくはこちらをご覧ください

[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-13 15:11 | お知らせ | Comments(0)

スピリチュアル合宿終了しました。
a0334855_11395262.jpg
参加のみなさま、ありがとうございました。

今回は浄化に焦点を当てて行いました。やっばり宿泊しながらだとゆったりと過ごせますし、時間に追われず、静かで空気の澄んだ環境ということもあってか、心身の浄化、骨休めにもなったと思います。
a0334855_11393453.jpg
夜の御馳走も翌昼の会席もおいしく、スピと言いながら実は食欲満足な旅ともなりました。
↓昼会席こんな感じ(今回は写真を撮りそびれ、昨年のものを出してます)

a0334855_16525795.jpg
a0334855_16531582.jpg
↑一部ですが、こんな感じです。

少人数でしたので、ひとりひとりにしっかりと焦点が当てられ、充実しつつ楽しい時間を味わうことができました。
アンジュリカ講師の丁寧できめ細やかな進行とマンツーマンの個人指導、アドバイス...参加された方には非常に満足いただけたかと思います。

また、共同次元瞑想はだれもやったことのない、新たな試みで実は-このるんるうんにやれるかなぁ?-と非常に心配し、不安におののきつつワークを迎えました。しかし...結果は、◎となりました。詳細は省きますが共同で同じ次元、世界に行ったということが終了後のシェアで確認しあえることができました。やればできるものですねぇ!

一日目が終わって、ごちそうを食べ、ふと空を見上げると明るいお月様がひときわ光を増しているように思えます。みんなで窓辺に凭れ月の美しさにみとれているとそれだけで癒されるような、静かだけれども深い平安を感じるようなひとときです。

スピ合宿...いろんな面で困難もありましたが、あの月光のきらめきを思い出すとやってよかったと思えます。

今回来てくださった会員様、そして遠くから講師としていらしてくたさったアンジュリカさん、本当にありがとうございました。みなさんあってこそのスピ合宿てした。感謝でいっぱいです。

[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-12 11:49 | スピリチュアル2017 | Comments(0)

二月半ばにバイトが一段落つきました。それから、ゴミ捨て、整理整頓ではなく、整頓をしています。
もの、もの、もの...あふれかえるモノ=ゴミと即座には行きません。ああでもないこうでもないと考え、場所を替え...何日もかかりやっと段ボール3.4個程度でしょうか?

ものって疲れます。そのうえ、ただ捨てたり、整頓するだけなのに何日もかかります。これだけの時間と労力を生産方面に向ければ、いろんなものが作れるし、本も何冊も読める。もちろん仕事に行けば金も入る...そんな手間と時間を費やしているだけでなんともバカらしい、あほの極みのような気がしてきました。

なんだか、もののために生きている気がする!

物に仕え、ものの奴隷となっているような...なんにちも不毛な整頓作業をしているとモノの奴隷と化した自分を発見します。
うっ...こんなのはもういやだ!ものは買わないことにしよう。と心に誓ったのも束の間、きのう安いからと服を買ってしましました。

あぁ...買った分だけ捨てなければ!ものにずっぽりと浸かってなかなか出られません。

[PR]
by kumatoguanaco | 2017-03-03 17:29 | ゴミ2トン以上廃出 断捨離の道 | Comments(0)