2015年ミディアムシップクラス1-3

-Oさんの霊視-
デモンストレーション形式です。一対一形式ではありません。また、私の身内が出てきました。
ミディアム役でみんなの前に立ったOさん、

男の人、家族薄い。いるようないないような感じ、(これは後私が思い出した内容でそのままの言葉ではありません)友達がいっぱいいた。
厳しい感じ、バイク、死因も言ってたかなぁ。
後いろいろと言われていましたが、厳しい感じ以外は当てはまり、特に
 家族はないような、バイク、友達...といった内容が、血縁の◎ちゃんそのものでした。

ミディアムさんはおそるおそる、言っているのですが、どうでもいいと思われることでも本人にはドンピシャ、故人を象徴することであるのです。
バイク...友達、これは◎ちゃんといったら反射的に連想される言葉なのです。これだけで私は◎ちゃんだと確信したのです。

ミディアムさんは雲をつかむようなことの連続なので確信がもてないと思ってしまうこともあります。しかし、これらの言葉は受け手にとっては十分すぎるくらいの証拠で、まさに霊界、Oちゃんがきてくれたという証明となりました。

Oちゃんは、いろいろとやりすぎている。忙しすぎる。もう少しやることを絞ったほうが良いと言っているとミディアム役のOさんは言ってくれました。

これも当てはまります。
が、外面だけの私を見ている人は全く違うと言うでしょう。外から見ると私はぷーですから...
でも、おうちの中で本当にいろいろなことをやっていて、パソコンの作業も増え、その上、◎◎、◎☆を始め、◎▽までやる予定です。▽□をやることになったらそれもする予定。ということで、忙しいのです。
あれもこれもなんでもやって、数をこなして金も複数手段で稼ぐ。そんなことを考えているのですが、

-数を絞れ-

これは霊界にいる人だから見えるのでしょう。傍から見ると気楽な主婦、プータロー、に見えるのに実はいろんなことの企画や準備、その他に忙しく新ホームページを作ったり、やることは次から次へとあり、外と中身はまるで違い、パソコンでの作業がかさみ目が疲れること甚だしいのです。これは、表面だけからは絶対にわかりません。

やりすぎ、手を付けすぎ...これは、私の頭の中のことでもあります。
思いつくこととにかくやってみようと、始めましたが、体ができる量とと頭の考えることとの兼ね合いをとらねはならないということでしょう。

また、Oちゃんは私について明るいところ、いい。と言っていたようです。人生色んなことがありますが、行きのバスの中で、自分にとってはあまり良くないこと、不快なことが脳裏に浮かんだ時、-このことでかえってよいことがあるだろう-いいぞ。なんて思ったのですが、明るいってそんなところでしょうか。しかし、いいぞといわれるのはうれしいものでした。





[PR]

# by kumatoguanaco | 2015-02-03 17:09 | スピリチュアルの学び-2015- | Comments(0)  

紅茶専門店のアッサム

昨年、紅茶専門店でアッサムティを飲みました。確か1杯500円台でした。
a0334855_14370079.jpg
ティコージーに包まれて出てきました。熱く出し方はいい感じでしたが、
a0334855_14322160.jpg
なーんか、薄すぎ。アッサムって濃い赤の紅茶だと思っていたけど、ここのは薄い黄色に近い色でした。また、においも味も薄く、草のにおい、味がしました。国産の紅茶に似ていました。濃厚なうまみのあるアッサムを期待したのですが全く違っていました。紅茶専門店でのお茶でしたが、がっかりしました。

[PR]

# by kumatoguanaco | 2015-02-02 20:59 | 食べ物-2015- | Comments(0)  

新城の紅茶

a0334855_14375715.jpg
新城の紅茶を買いました。新城でも緑茶を作っている茶畑が多くある地域とはちょっと離れた場所の農園のものでした。
九州、静岡、その他の国産紅茶を買ったことがあります。味は薄く、色も薄い。ちょっと緑茶に近いものが多かったです。
今回の紅茶はどうか
a0334855_14320684.jpg
茶葉はリーフで大きいです。
a0334855_14321409.jpg
飲んでみたら、草のにおい。紅茶というより、ハーブティっぽい日本茶?野趣に富むといえばいいでしょうが、濃厚なインド紅茶とは全く違いました。まずくはないです。
酸っぱいような、草の匂い、青臭さ...といってもいやな感じではないです。品もあります。ただ、紅茶と思って飲むとちがうなぁといった感じです。きんつばといっしょにいただきましたが、あっていました。


[PR]

# by kumatoguanaco | 2015-02-01 14:43 | 食べ物-2015- | Comments(0)  

初めてのスピリチュアル系の学びは

スピリチュアルな学びのことについて同じ勉強仲間に聞かれることがあります。
どのくらいやっているの?
どこで?

私はもともと長くやっているのだ、おっほん!と威張るのはバカバカしいし、そんなことを言ってもあんまり意味がないと昔習ったこともそうそう話したことはありませんでした。。

今、アイイスのアクア講師にミディアムシップを学んでいます。それについてはブログでもだいぶ詳しく書いてます。が、もともとはなにを学んだのか?思い出してみることとします。
私はみんなに2007年からスピリチュアルな学びをしていると言っていました。しかし、今日偶然検索で出てきた講座の地区責任者の方のブログを見て2008年だったということがわかりました。

2008年、2月からだったと思います。全8回で、一回が朝から夕方までの全日コースで講座受講料は8万円だったと思います。このコースを受講することになったのは、-人、及び○○との境界線をつくる-と言う言葉が目に飛び込んできたからです。○○との境界線...その当時私はある場所、人間関係上での境界線を物理的にも侵入されることがあり、なにか手立てはないものかと思っていたのです。

続く

[PR]

# by kumatoguanaco | 2015-01-31 16:52 | スピリチュアルの学び-2015- | Comments(0)  

2015年ミディアムシップクラス1-2

今回は自分のゆかりの霊が現れいろいろと言ってもらえました。まずは、今かかえている問題、最近起こったことなどについて聞きたかったのですが、それについては3霊とも全く触れませんでした。
まず第一にGさんがミディアムとして立ちました。デモンストレーション形式です。
教室のだれのゆかりの霊かは全くわかりません。
始まります。

おばあさんで、工場に勤めていたことがある。腎臓病を患っていた。子供が男が3人女が2人、一番下が私の母。結婚は親が決めた。◎▽×etc...
いろいろと言われました。

私はこれを聞き、ある部分は違っているが、あっていると思いつつも聞いていたら、

-時計-と言います。
なぬ!-時計-?ボンボン時計?木の掛け時計はおばあさんのおうちのシンボルみたいなもので、これは私のおばあさんだと感じたのです。時計は他の人はわからないけど私には良くわかる-おばあさんの家-を象徴するものなのです。Gさんの霊視、いけています。

その後、Gさんが口ごもり、言っていいものかどうか躊躇しています。
なんだ、なんなんだ。どこか私に体の悪いところとかあるのか?隠していた悪事が見えていたりして!見えるが言えない、言っていいかわからない、なんていうのを聞くと不安になってきます。
えぇい。いわんか。こらっ

とうとう、言ってくれました。
おばあさんが、
-あなたは◎◎だ-
といったそうで、質の良いミディアムになりなさいと言っているということでした。
◎◎れた。ということは、Gさんでなくてものけぞりそうなことでした。
結構逝っちゃっている人なら-おつほっほっほっっっ。そうなのださすがわしさまなのだ-
と言いそうですが、まだそこまで行ってないので、わたしなりにおばあさんの言葉を解読することにしました。

このおばあさんの励ましの言葉はどうやら昨年末のイベント出場のミディアムセッションが関係があるぞ。

昨年、ミディアムとしてささやかなセッションをイベントでしたのですが、それに出るということは今迄ただ勉強として楽しんでいた-ミディアム-という業務にささやかながらも一歩足を踏み入れたということになったと思います。
ただ、練習するだけだったのがお金をいただいてセッションをする。そのことが、霊界からミディアムとしてやろうとしていると、受け取ってもらえたのでしょう。また、このイベントで私のような身内や親しい人を亡くした人に接し、自分のような死別の多い人だからできるミディアムセッションもあるのではないか?一般凡人であっても死別の体験を重ねているという経験はセッションを受けるお客様にとってなにか違う-よさ-があるのではないか?
また、故人の熱い想い、お客様の想い...そんなのを感じ、ミディアムを学ぶばかりではなく、やってみたい、感動を味わいたいと思ったのです。

おばあさんはそんな私の気持ちを察したのだろうと思います。

たぶん、わたしが、ミディアムをやってみようと心のどこかで決心したのをみはからって、おばあさんが励ましの-GO-というメッセージをくれたのだと思います。アクア講師もわたしについて、次の段階に入ったということをおっしゃってくれました。

二人目の霊の言葉につづく

[PR]

# by kumatoguanaco | 2015-01-30 15:44 | スピリチュアルの学び-2015- | Comments(0)