パンを作りました

a0334855_14131826.jpeg
パンを作りました。捏ねは機械で一度脂分抜きで捏ねてからもう一度バター、ショートニングを入れて第一時発酵まで機械でやり、後は手作業です。

ベンチタイム、成形発酵で濡れ布巾をかぶせたのがいけませんでした。布巾と生地がくっついてしまい生地が荒れました。 また、温度がもう少し低くても良かったかもと思います。180度でしたがキツネ色を越して狼色になりました。
六個作りましたが、大きすぎです。倍の12個でもいいと思います。
今度は半分の分量でガスのダッチオーブンで作ってみようと思います。

[PR]

# by kumatoguanaco | 2018-10-11 14:13 | 身辺雑多2018 | Comments(0)  

借りようとした部屋の夢

似たような夢はたまに見ます。
ある日、半年前に不動産屋から、見学に行こうとして見に行った部屋の鍵を返してないのに気がつきます。もしかして借りて、そのままで全く使ってなかったのかもしれません。
うわっ
半年分、家賃どうなるだろう?
困っている夢でした。

[PR]

# by kumatoguanaco | 2018-10-11 08:23 | | Comments(0)  

五公五民

日本史のにわか勉強をこの秋からしています。
覚えなくてはいけないこといっぱいで嫌になってしまうのを、合間合間の面白い雑学でなんとか踏みとどまっています。
しかし、江戸時代の税収制度…ひどいですね。吉宗の時代から収穫全体の50%が公に納める分、後の半分が農民の分です。
ひどいです。この時代打ちこわし、一揆もよく勃発したのはよくわかります。
農民は税の米を出すのみ。かわりになにかを貰えるわけでもない。そして当時7パーセントの武士はそれを貰い消費するのみ。なにも生み出しません。その消費に使われる金は商人のところへ行くだけです。
富の循環とか、やりもらいとかないですね。一方方向へ富、物や金が集中するだけです。これほどわかりやすくないですけど、今の世でもそうかもしれません。富は一方的にどちらかに流れ、富めるものは限りなく富み栄え、貧しいものは食うにもことかく。
ため息が出ます。←江戸時代は実際はもっと緩かったとも言いますが、貧富の差はやはり大きかったとは思います。

[PR]

# by kumatoguanaco | 2018-10-08 19:24 | 身辺雑多2018 | Comments(0)  

左手で打つ

以前から右手が痛かったのですが、九月にキーボードを打ったりすることが続いた上に、使っていたマウスが認知症❓だったらしく、マウスでの作業で異常に手を使い過ぎてしまいました。気がついたら手が夜痛くて眠れなくなりました。
痛い。
そこで、まずは右手を使わないことが一番と思い、キーボードも左手が主。出来るだけ他のことも左手でやることにしました。そして右手には伸びる布を巻きつけ、ミイラみたいにぐるぐる巻きに。
これを2日ほど続けています。すると、少し右手の痛みが引いて寝る時にはそう気にならないようになっています。結構良いです。
痛いと言っても手は使わねばならないし、字や絵も書かねばなりません。
サロンパスもつかったことはあるのですが、その時はよくなった気がするのですが、その後かえって痛くなる気がしてやめました。
ミイラぐるぐる巻き療法、いける気がします。要するにしばらく安静、休ませるということです。スマホやパソコンのしすぎで手が痛い方にもおすすめです。

[PR]

# by kumatoguanaco | 2018-10-02 21:15 | 身辺雑多2018 | Comments(0)  

手で車を持ち上げ坂を登る夢

坂があります。坂の上部、5分の4くらいはアスファルトで楽な道ですが、下は砂のような土のような道です。そこを車を持ち上げ、坂を登ります。すごいことをやっているなぁと思いながらも地面が砂地で車が進めづらいことをさとりましたが、坂も短いし、もうすぐアスファルトだからそう大したことないと思っています。
以上の夢です。

車を手で持ち上げて坂を登るという夢は前にもみましたが、今回は坂が短かかったです。

[PR]

# by kumatoguanaco | 2018-09-24 16:36 | Comments(0)