スピリチュアルペアワークの 肝-キモ-

さて、重要なことを忘れていたことを思い出しました。

ペアワークの時、全てがするすると、またささっと出てくるわけではありません。すごいといってもあくまでも霊界の霊とガイドの交信を比べたらの話です。いくらガイドのワイファイが強くてもこちらが、それを止めていてはなかなか出るものも出ません。

私はこの通信の時、初めに少しけつまずきかかっており、このごろのスランプ、なんともうまくつかめない、そんな感を持っていました。
しか-し...ここで先生の一言が!
-るんるうんさんは、手を動かしてみてください-
-へっ?-
動かす?
先生によると私はどこか手などを動かすと上手くいくのだということです。

くっ!? そう?
確かにうまくいかないときは体も呼吸も氷みたいに固まってバリバリです。いつも先生は-呼吸をつづけて-と言います。そうか!これはいつものアドバイスの呼吸をとめるなということに通じるのであろう!そう思い、
くりくり、ぐりんぐりん...まわしましたよ。もしか、どこかの道でやっていたら、頭がくりくりとしているとおもわれたと思います。

が、このくりくり作戦。すごかったです。
クリクリ手を回したのですが、その手がまるでアンテナになったよう!。回していると情報がどんどん入る。内容もしっかりとしています。

これは、体で身をもって感じた感覚でした。手をずっとまわしながらやる→うまくいく。
先生のアドバイス並ではありません。すごいです。今回はこのアドバイスに脱帽でした。



[PR]

by kumatoguanaco | 2015-05-14 16:52 | Comments(0)  

<< 心理学研究発表 すごかった! スピリチュアルペ... >>