波動をあげ、ガイドとのつながりがいつでもできるように!

私はミディアムシップのクラスにはなかなか参加できません。
時間や、金銭的な問題がありかつてのようには勉強できなくなりました。

そこで、寝る前にガイドと逢う瞑想、妄想?をしています。

昨日は最初の場所が波打ち際、きれいな透き通った海でした。そこを私はしゃちに乗り、出かけます。海の中をざぶざぶ。海上をすっと進みます。その後いつの間にか乗り物はシャチから大きな船となりました。

ガイドにいろいろと聞いた気がしますが、覚えていません。ガイドからヒントなのか、それともお土産なのか?大きすぎる曲がった釣り針の糸がついたものを見せられましたが、みているうちこれはどうも-釣り針-ではない。
錨ではないか?と思いました。

その後、大きな船の片側に鎖がいくつも岸壁から繋がれている光景。反対側はなにも繋がれてない光景を見ました。
この意味は自分でいろいろと考えていますが、書かないでおきます。


[PR]

by kumatoguanaco | 2015-05-25 13:55 | スピリチュアル-2015- | Comments(0)  

<< 過去世 ミディアムシップを考える >>