子供部屋の天井をペンキで塗り替えました。

二、三年前に、二階の八畳洋間の天井と一階の廊下の天井の塗り替えをしました。その勢いで子供の部屋もやるつもりだったのですが、壁紙の張り替えで疲れてしまい、子供部屋の養生を少しやりかけたままほったらかしになっていました。
しかし、十年以上使っていたエアコンの調子が悪くなり、買い替えすることにともない、天井を思い切って塗り直しすることとしました。
まずは必要な道具、材料を揃えて、
a0334855_15071575.jpeg
猫を居間に閉じ込めてから
壁、床、家具の養生、
a0334855_15065191.jpeg
一度塗り、二度塗り、
a0334855_15070510.jpeg
そして仕上げ塗りをして
a0334855_15062569.jpeg
養生、マスキングテープなどを剥がし完成です。最後に、電灯をつけます。
猫を放します。
塗るのは何度塗ってもそれほど時間はかかりません。時間と手間がかかるのは準備、マスキングです。きっちりもれなくやるのは時間と技と根気がいりますね。職人さんにはとても及ばない出来ですが、職人仕事はやはり大変ですね。技術と労力を考えたら本職に頼んで高額でも当り前であろうと思います。
今回は六畳なので前回の八畳部屋よりずいぶん楽でした。やはり、大きい面積程疲れますね。
部屋の隅のエアコン裏のマスキングに苦労したせいか、すべてが終わって天井を猫と眺めると何とも言えない満足感が湧いてきます。自分でやるっていいですね!




[PR]

by kumatoguanaco | 2018-09-20 15:41 | 自分でやるシリーズ、リフォームなど | Comments(0)  

<< 大きな家の夢 今週は塗り職人です >>